関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

2021年度 第2回 REC BIZ-NET研究会
「植物バイオテクノロジーの新展開-ゲノム編集による新たな植物の作出-」

 「ゲノム編集」という言葉がドラマにも登場するようになりました。でもゲノム編集って何?!
 遺伝子組換え技術による有用植物の開発は、その植物が持っていない遺伝子を染色体のランダムな位置に挿入することから、遺伝子発現の確実性や安全性が問題視されてきました。
 近年、植物が持っている遺伝子を直接操作し、新たな有用形質を持った植物を作出することができるゲノム編集技術が開発され、その実用化が期待されています。
 本研究会では、遺伝子組換え技術とゲノム編集技術との相違点や規制制度の違い、ゲノム編集技術の高度化と応用について、事例を交えて紹介します。
 新ビジネス参入などの参考にしていただければ幸いです。

日時

2021年09月07日(火)15:00〜17:00

会場

ハイブリッド開催(Web+対面)

講師

<プログラム>
開催の挨拶(15:00~15:10)
 1 「遺伝子組換えからゲノム編集へ」(15:10~16:05)
   龍谷大学農学部資源生物科学科 教授 三柴 啓一郎
 2 「ゲノム編集技術の高度化と応用」(16:05~17:00)
   龍谷大学農学部 植物生命科学科 教授 土岐 精一

料金

無料

締切

2021年08月31日(火)

主催
詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-202102/

産学官連携お役立ち情報


独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。