関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

2017年度 第6回REC BIZ-NET研究会
「地域特産物を用いた農業の高度化と6次化」

 コメの生産調査(減反)が来年度から廃止されますが、ダイズやムギ類との輪作体系の維持や補助金に依存したエサ米の生産だけでは、農地集約化や法人化のメリットを必ずしも生かせないのではないでしょうか。新規に地域特産の作物生産に挑戦し、周辺企業とタイアップして多様な6次産業化に取り組み、若手就農者の増加と定着を目指せる作物生産基盤の構築が必要かと思います。特に農耕地の95%が水田である滋賀県では、琵琶湖を含む農耕地環境の保全に立脚し、新たな価値を付加した農作物の生産技術の確立が必要ではないでしょうか。
 このような背景に鑑み、本研究会では、近年、地域の農業生産の重要な要素となり始めている伝統野菜の栽培の現状と課題について、大津市の近江カブを例に紹介します。先ず、レーク大津農業協同組合からその生産と利用の現況を紹介頂き、次いで、本学農学部からは、近江カブを含む滋賀県内の多様なカブについて、遺伝資源保存の必要性やその特性評価についての研究および特産物化の可能性を紹介します。さらに水田高度利用の例として、地域特産作物を用いた環境調和型農業の可能性について、その研究の現況を本学農学部から紹介し、さらに環境保全の視点を加えた農業生産の例として琵琶湖畔のバラ生産者の新たな取り組みを紹介して頂きます。
 本研究会を通して、「地域特産物を用いた農業の高度化と6次化」について、会場の皆さまからも活発なご意見を頂けるとありがたく存じます。いつの時代も人間生活の根幹をなす「食と農」のあり方と、今後の進むべき方向について、研究会にご参集頂く多様な業種の方々にも加わって頂いて論議を進め、新たな事業展開の可能性についても考えるきっかけとなれば幸いです。

日時

2017年12月15日(金)14:00〜17:20

会場

龍谷大学瀬田キャンパス
大津市瀬田大江町横谷1-5(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約 8分)
REC小ホール

講師

講演:
  1. 「近江カブの生産振興」
   レーク大津農業協同組合 営農経済部 農業振興課 中塚 聡志 氏
  
  2. 「近江のカブの多様性と系譜」
   龍谷大学農学部 資源生物科学科 教授 佐藤 茂
   
  3. 「滋賀県における水田の高度利用と環境保全に着目した
      地域特産農産物の創出」
   龍谷大学農学部 資源生物科学科 教授 大門 弘幸
  
  4. 「地域の価値と和ばら」
   株式会社Rose Universe Rose Farm Keiji CEO 國枝 健一 氏
  
 講演終了後、講演に関するパネルやRECの地域連携活動に関する
 パネル展示を行いながら名刺交換会を開催する予定です。

料金

無料

締切

2017年12月11日(月)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201706/

第29回龍谷大学新春技術講演会
~伝統を究め、新たな未来へ~

 龍谷大学では、新年恒例の新春技術講演会を開催いたします。
 今回は、テーマに「伝統を究め、新たな未来へ」を掲げております。
 基調講演では、新日鐵住金株式会社 常任顧問 宮坂 明博 様より、「未来を拓く鉄づくり - ナノレベルで特性を制御して、キロメートルでつくり込む -」と題しまして、新日鐵住金が開発してきた高機能鋼・高性能鋼(鋼材、鋼板)の現状と今後の発展性や展望について紹介されます。
 その他にも、本学教員による講演と研究成果の展示・ポスターセッション、技術相談、懇親交流会を行います。
 本公演会を機会に、相互の交流が一層深まりますことを期待しております。皆様お誘いあわせのうえ、御参加いただきますよう御案内いたします。

日時

2018年01月17日(水)13:30〜17:35

会場

びわ湖プリンスホテル
コンベンションホール「淡海」2階

講師

【プログラム】
13:30~15:00
ご 挨 拶  経済産業省 近畿経済産業局
<講演会 第1部>
基調講演  未来を拓く鉄づくり 
- ナノレベルで特性を制御して、キロメートルでつくり込む -
         新日鐵住金株式会社 常任顧問 宮坂 明博 氏

15:00~16:00
<ポスターセッション・技術相談> 

16:00~17:35
<講演会 第2部>
講 演 I   螺旋と敷き詰めの幾何学
       龍谷大学理工学部数理情報学科 准教授 山岸 義和
講 演 Ⅱ  「ごみ」って何?
       龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 准教授 奥田 哲士
講 演 Ⅲ  蕎麦製麺加工の伝統的技法の物性論的解析
       龍谷大学農学部食品栄養学科 准教授 朝見 祐也

17:40~
<懇親交流会>【会費制】 
 懇親交流会のみ、会費制としております。(講演会、ポスターセッション等は参加費無料)
 お1人2,000円の会費を当日現金にて申し受けます。

締切

2017年12月15日(金)

主催

<主催>
龍谷大学科学技術共同研究センター 龍谷大学龍谷エクステンションセンター(REC)
<共催>
龍谷大学理工学部 龍谷大学食と農の総合研究所 龍谷大学知的財産センター 龍谷大学研究部
<後援>
経済産業省近畿経済産業局 滋賀県 京都府 大阪府 大津市 京都市 一般社団法人滋賀経済産業協会 滋賀県中小企業家同友会 公益財団法人滋賀県産業支援プラザ 大津商工会議所 滋賀県商工会議所連合会 滋賀県商工会連合会 滋賀経済同友会 滋賀県中小企業団体中央会 公益社団法人滋賀県環境保全協会 京都商工会議所 一般社団法人京都経済同友会 公益社団法人京都工業会 京都中小企業家同友会 公益財団法人京都産業21 京都府中小企業団体中央会 大阪府中小企業家同友会 龍谷大学理工学部同窓会

詳細・申込

http://kagiken.seta.ryukoku.ac.jp/

産学官連携お役立ち情報


独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携関連公募情報」

産学官連携関連の関西地域中小企業向け主要施策・情報一覧として、研究開発や技術開発に係る公募予告及び公募中の情報が広く公開されています。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。