関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

2016年度 第6回 REC BIZ-NET研究会
「新しい宇宙飛行体の技術開発と、宇宙旅行への挑戦」

 宇宙ロケットや宇宙ステーション等の発展には、高度な技術研究開発能力が必要で、その波及効果による新産業の創出も期待されます。
本研究会では、新しい宇宙飛行体の技術開発と、その先にある宇宙旅行の可能性について考えます。
 宇宙飛行体の技術開発については、(1)本学理工学部機械システム工学科の大津広敬准教授から、飛行体の大気圏突入時の加熱を低減する技術の紹介、(2)名古屋大学教授の佐宗章弘様から、宇宙推進における電動化と光パワーの利用についてのご講演をいただきます。さらに、(3)宇宙輸送の次のゴールとして、宇宙旅行の可能性について、宇宙航空研究開発機構教授の稲谷芳文様からご講演をいただきます。
 人類の夢の実現に向けて行われている技術研究開発の現状の紹介を通して、次の新産業創出のヒントとしていただければ幸いです。

日時

2017年01月27日(金)14:00〜17:00

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
 (大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約 8分)

講師

◆開会の挨拶(14:00~14:10)

〈講演〉
1「再突入飛行体の空力加熱低減技術に関する研究」(14:10~14:50)
龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 准教授 大津 広敬

2「宇宙推進における電動化と光パワーの利用」(14:50~15:30)
名古屋大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 佐宗 章弘 氏

休憩(10分間)

3「宇宙輸送の次のゴール」(15:40~16:20)
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授 稲谷 芳文 氏

◆名刺交換会(16:30~17:00)
※講演に関するパネルなどの展示を行う予定です。(飲み物をご用意しております)
  講演者への個別質問や情報交換の時間としてご利用ください。

料金

無料

締切

2017年01月20日(金)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201606/

産学官連携お役立ち情報

独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携関連公募情報」

産学官連携関連の関西地域中小企業向け主要施策・情報一覧として、研究開発や技術開発に係る公募予告及び公募中の情報が広く公開されています。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。