関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

人工知能が拓くこれからの情報処理

人工知能・機械学習に関して、技術の基礎と最近の話題を紹介し、その応用としてインターネットから情報を抽出するWeb インテリジェンスや、個人の人生を記録するライフログ、柔軟な対応が可能な医療情報処理や各種画像処理、雑多な文章の自然言語処理などに関して、研究成果を紹介します。

日時

2019年07月22日(月)13:30〜17:00

会場

大阪産業創造館6階 会議室A・B

講師

◆「事項知能や人工生命による人間の加速度データやレントゲン画像の解析」
大阪市立大学工学研究科電子情報系 准教授 中島重義
◆「雑多な文章での自然言語処理-人狼ゲームへの応用」
大阪市立大学工学研究科電子情報系 講師 上野敦志
◆「個人の人生の記録-インテリジェンスとライフログ-」
大阪市立大学工学研究科電子情報系 教授 村上晴美

料金

無料 
※ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。
 お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
※交流懇親会参加の場合は2,000円必要

定員

90名

締切

2019年07月22日(月)

主催

大阪市立大学工学研究科

詳細・申込

https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28284

第34回奈良先端大産学連携フォーラム
「未来社会への提案 vol.1~環境からのアプローチ~」

 このたび、国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学は第34回奈良先端大産学連携フォーラムを開催することとなりました。
 今回は「環境からのアプローチ」をテーマに、環境に関わる様々な研究の中から最もホットなトピックをお届けいたします。

日時

2019年07月26日(金)13:30〜17:00

会場

公益社団法人関西経済連合会 中之島センタービル29階会議室
(大阪市北区中之島6丁目2-27)

講師

◆開催内容:
  ◇開会の挨拶
     理事・副学長 箱嶋 敏雄

  ◇研究成果紹介講演
   ●「生き物にまなぶものづくり
     -バイオミメティクスで薬剤耐性菌と闘う-」
     先端科学技術研究科 物質創成科学領域
     バイオミメティック分子科学研究室 准教授 安原 主馬
   ●「微生物に学ぶプラスチックごみ問題へのアプローチ」
     研究推進機構 環境微生物学研究室 特任准教授 吉田 昭介
   ●「タンパク質分子複合系の特性と材料科学への展開」
     先端科学技術研究科 物質創成科学領域 分子複合系科学研究室
     教授 上久保 裕生

  ◇学外講師講演
   ●「デザイン・シンキング、デザイン思考、デザイン・ドリブン・
     イノベーション~現代社会におけるデザイン主導のイノベーション~」
     立命館大学 経営学部 准教授 後藤 智

  ◇閉会の挨拶
     奈良先端科学技術大学院大学支援財団
     専務理事 中村 茂一

  ◇情報・意見交換会
     講師との情報・意見交換の時間を設定しております。

定員

100名 ※申込先着順

締切

2019年07月19日(金)

主催

(主催)
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
公益財団法人奈良先端科学技術大学院大学支援財団
公益社団法人関西経済連合会
(協力)
公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構

詳細・申込

http://www.naist.jp/sankan/content/ja/topics/20190726.html

2019年度 第2回REC BIZ-NET研究会
「 フードサービスの最前線−コンビニ弁当・給食サービス業界の未来は− 」

 近年の我が国における高齢化の現状は極めて大きな社会問題と
なっています。中でも生産年齢人口は2029年に7,000万人を割り
込むと予測されています。
 このような状況の中、私たちの生活の上で重要な「食」を支えてい
るフードサービス業界においても、深刻な人手不足が予想されてい
ます。一方、2018年6月に厚生労働省は、食品衛生法等の一部を
改正する法律を公布し、我が国のすべての食品等事業者に対する
HACCPに沿った衛生管理の制度化について発表しました。
 フードサービス業界は、人手不足解消という大きな課題をかかえな
がら、高度な衛生管理が求められるという極めて困難な状況におか
れています。

 そこで今回の研究会では、フードサービス業界がかかえる課題をど
のように乗り越えていくべきかについて、食品衛生管理の専門家およ
びフードサービス業界の企業からそれぞれご講演いただく機会を設定
しました。フードサービス業界における現在の状況、HACCPの制度化
等の状況とこれからのフードサービス業界における衛生管理に必要な
対策の解説に加え、コンビニ弁当業界および給食サービス業界から、
それぞれ事例も交えて最新の状況についてお話いただきます。

 フードサービス業界における最新情報に触れ、今後深刻化する課題を
解決するにはどうすればよいか、未来に向かってすべきことをみつける
機会になればと思っています。

日時

2019年07月29日(月)14:00〜17:30

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
大津市瀬田大江町横谷1-5
(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約10分)

講師

<プログラム>
1.講演(14:10~14:40)
 「フードサービス業界の現状」
  龍谷大学農学部 食品栄養学科 准教授 朝見 祐也

2.講演(14:40~15:30)
  「フードサービス業界に求められるHACCP制度化と品質保証の高度化」
  神戸学院大学栄養学部栄養学科 助教  伊藤 智 氏

    < 休  憩    15:30~15:40 >

3.講演(15:40~16:20)
 「超高圧細菌失活法を用いたコンビニ弁当調製の試み 」
  角井食品株式会社 代表取締役  角井 美穂 氏

4.講演(16:20~17:00)
 「今後の給食サービスの一翼を担う、セントラルキッチンの活用」
  日清医療食品株式会社ヘルスケアフードサービスセンター京都
  センター長 郡司 慎也 氏

5 名刺交換会 (17:00~17:30)

料金

無料

締切

2019年07月26日(金)

主催

龍谷大学龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201902/

2019年度 第3回REC BIZ-NET研究会
「持続可能な開発目標(SDGs)に向けた環境にやさしいプラスチック技術」

 プラスチックは、私たちの暮らしにとって必要不可欠なものになっています。しかし、その使用量の増加は「プラスチックごみ問題」を顕在化させ、更に昨年は、中国がリサイクル用プラスチックごみの輸入禁止を決めたことにより、日本、米国をはじめとしたプラスチックごみ輸出国では「プラスチックリサイクル問題」が浮き彫りになりました。一方で、「海洋のマイクロプラスチック汚染」も大きな問題になっています。 
 このような背景から、かねてより企業、大学等で研究開発が進められていた環境調和型材料である、生分解性プラスチックやバイオプラスチックに改めて注目が集まっています。
 これらは、持続可能な社会の構築を目指すSDGsに即したビジネスの開発・展開のための材料、手段の一つになる大きな可能性を持っています。
 今回の研究会では、改めて注目されている環境にやさしいプラスチックの技術について、ご紹介させていただきます。
 プラスチック材料にご興味のある方、SDGsビジネスの一つとして環境に優しいプラスチックの応用・展開をご検討中の方々をはじめとして、ご興味のある方々、ご関心のある方々のご参加をお待ちしております。

日時

2019年08月21日(水)14:00〜17:00

会場

龍谷大学瀬田キャンパスRECホール
大津市瀬田大江町横谷1-5
(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分)

講師

<プログラム>
 1.講演(14時10分~14時50分)
 「微生物がため込むバイオプラスチックの利用」
 龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授 中沖 隆彦

 2.講演(14時50分~15時30分)
 「セルロース系植物バイオマスの環境調和型高機能プラスチック
  ~これまでとこれから~」
 東京農業大学 生命科学部 分子生命化学科 准教授 石井 大輔 氏

 <休憩 15時30分~15時40分>

 3.講演(15時40分~16時20分)
 「環境にやさしいプラスチック材料」
  東洋紡株式会社 パッケージング開発部 清水 敏之 氏
 
 4.名刺交換会(16時30分~17時00分)

料金

無料

締切

2019年08月19日(月)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201903/

産学官連携お役立ち情報


独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携関連公募情報」

産学官連携関連の関西地域中小企業向け主要施策・情報一覧として、研究開発や技術開発に係る公募予告及び公募中の情報が広く公開されています。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。