関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

公害防止管理者(水 質関係)資格試験 「事前受験対策 集中講座」開催

「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律(法律第107号)」の制定により、有害物質を含む排出水が生じる工場等、ある一定の条件を有 する特定工場には、公害防止管理者の資格を持つ人の配置が義務づけられています。
 龍谷大学では、10月に水質関係第1種公害防止管理者資格試験の受験を予定されている方々を対象にした集中講座を以下のとおり開催いたします。

<講座のポイント>
 ★過去に行われた出題傾向を分析し、設問形式で具体的にわかりやすく講義します。
 ★一人で学習するより密度の濃い内容を学べます。
 ★水質第2、3、4種を受験予定の方もご受講いただけます。

日時

2016年09月01日(木)09:20〜16:50

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール   
大津市瀬田大江町横谷1-5

講師

9:20~ ①汚水処理特論 ②水質有害物質特論 ③演習
    講師:龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 実験講師 桧尾 亮一
           【公害防止管理者(水質関係第1種)】
 
 13:35~ ④公害総論 ⑤水質概論 ⑥大規模水質特論 ⑦演習
     講師:一般財団法人関西環境管理技術センター 専務理事 武甕 孝雄 氏
           【公害防止管理者(水質関係第1種)】

料金

会 員:6,000円(税込)
一 般:10,000円(税込)

定員

30名(申込先着順)

締切

2016年08月25日(木)

主催

龍谷大学龍谷エクステンションセンター
一般財団法人関西環境管理技術センター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/taisaku/

第4回イノベーション・マネージャー人材育成セミナー
『抗がん剤の開発と承認審査』『低分子創薬の未来』

ライフサイエンス分野の産学連携業務従事者を対象としたセミナーです。今回は、医薬品開発に携わる「官」の柴辻正善氏(PMDA)による「抗がん剤の開発と承認審査」についての講演と、「産」の大川滋紀氏(JT)による「低分子創薬の未来」についての講演です。

日時

2016年09月26日(月)15:00〜17:00

会場

大阪市立大学 梅田サテライト 大講義室 101教室
大阪市北区梅田1-2-2-600
大阪駅前第2ビル6階

講師

柴辻正善 氏(独立行政法人医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部長)
大川滋紀 氏(日本たばこ産業株式会社 執行役員 医薬総合研究所所長)

料金

無料

定員

30名程度

締切

2016年09月23日(金)

主催

大阪市立大学 産学官連携推進本部

詳細・申込

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/research/copy_of_opu_ocu_office

2016年度 第4回REC BIZ-NET研究会
「磁気冷凍デバイス、マイクロ発電、蓄電技術が拓く新しい未来」

磁石・磁気の発見、発明、そしてその利用において、人類は大きな恩恵を受けてきました。我が国、本田光太郎博士による強力磁鉄鉱「KS鋼」の発明から、100年を迎えます。また、本学の理工学部開設以来、磁石・磁気に関する研究が続けられ、基礎研究から実用段階への展開が進んでいます。一方、地球温暖化等の環境問題の大きなうねりの中で、自然エネルギーの利用に多くの関心が集まっています。
 本研究会ではオゾン層保護や地球温暖化防止に役立つ磁気冷凍技術が注目を集めている現状から、「磁気冷凍技術について」と題し、ホイスラー合金が磁場変化中に置かれたときに示す磁気冷凍効果について最初に紹介します。次に、電力の質の向上と安定供給を目的にした集中・大規模発電から、自然エネルギー利用発電との共存が求められている現状に鑑み、その一例として、流れている水の持つエネルギーを有効活用する分散型発電の役割を担う「超低落差型マイクロ水力発電」について事例を含めて紹介します。更に、自然エネルギー利用発電では蓄電技術が必要不可欠です。ボルタの電池発明以来200年余が経過した現在、蓄電技術といえば高エネルギー密度、長寿命化、急速充放電化等の要求を満たす技術革新が進み、電気を「蓄える」と「上手に使う」を実現するスマートシステムが求められていることから、「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展望」と題して、実施例を紹介します。

日時

2016年09月27日(火)14:00〜17:00

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
大津市瀬田大江町横谷1-5(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分)

講師

1.「磁気冷凍技術について」
  龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 左近 拓男 氏

2.「超低落差型マイクロ水力発電」
  JAGシーベル株式会社 取締役 海野 裕二 氏

3.「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展開」
  ニチコン株式会社 NECST事業本部 技師長 古矢 勝彦 氏

料金

無料

締切

2016年09月20日(火)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201604/

2016年度 龍谷大学RECイノベーションカレッジ
「プラスチック材料の基礎と応用-基礎を学び実務に活かす-」

プラスチックは、私達の身の回りのいたるところで使われています。産業分野においては、主要な部材として多様な製品に用いられ、極めて重要な役割を果たしており、多くの企業では、プラスチック材料の科学・技術の基礎を理解し新しい応用分野の開発に従事できる人材が強く求められています。
 このようなニーズを踏まえ、企業の技術者を対象にプラスチック材料の科学・技術を系統的に習得できる講座を開講します。全テーマ受講のみならず、スポット受講による参加も可能です。
 新しく基礎からプラスチックを学びたい方や、プラスチック材料の基礎を改めて確認することで新製品開発に活かしたい方々の参加をお待ちしております。

【日時】2016年10月12日(水)~ 11月16日(水)(全6回) 13:30 ~ 16:40 ※毎週水曜日に開催します。

日時

2016年10月12日(水)〜11月16日(水)

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス RECホール 教室
大津市瀬田大江町横谷1-5(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバスで8分)

講師

①10/12(水)
 龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授 中沖 隆彦 氏
②10/19(水)
 名古屋大学名誉教授 名古屋産業科学研究所 城跡研究員 小長谷 重次 氏
③10/26(水)
 東洋紡株式会社 エンプラ技術センター/エンプラCAEセンター 部長 山下 勝久 氏
④11/2(水)
 名古屋大学 特任教授 石川 隆司 氏
 (元JAXA理事、名古屋大学教授(NCC初代センター長))
 名古屋大学 NCC研究員 山中 淳彦 氏
⑤11/9(水)
 東洋紡株式会社 コーポレート研究所 膜構造開発グループ 部長 北河 亨 氏
⑥11/16(水)
 龍谷大学REC顧問 石原 英昭 氏
 (元東洋紡フイルム研究所長/先端材料研究所所長、京都工芸繊維大学教授)

料金

◆全テーマ受講(10/12~11/16 6日間)
 会員:20,000円(税込)
 一般:32,000円(税込)

◆1テーマ受講(スポット)
 会員:7,000円(税込)
 一般:12,000円(税込)

※会員とは、滋賀県プラスチック工業会会員、滋賀材料技術フォーラム会員、一般社団法人西日本プラスチック製品工業協会会員、龍谷大学BIZ-NET会員です。

定員

30名(申込先着順) ※受講申込者数が10名に満たない場合は、講座を中止することがあります。

締切

2016年09月28日(水)

主催

主催:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター
共催団体:滋賀県プラスチック工業会、滋賀県材料技術フォーラム
      一般社団法人西日本プラスチック製品工業協会

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/plastic/

産学官連携お役立ち情報

独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携関連公募情報」

産学官連携関連の関西地域中小企業向け主要施策・情報一覧として、研究開発や技術開発に係る公募予告及び公募中の情報が広く公開されています。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。